« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月10日 (水)

DAYZ その3 近況報告

相変わらずのDAYZ生活です。

ここ最近はいろんなことがありましたw
・フレと空港で大量のゾンビに追い掛け回される
・後日また空港に行き、激レア武器を拾ってホクホク気分で帰っている途中に寄った小屋でゾンビに殺される
(不意の一撃で骨折、気絶しどうしようもなかったw)
・フレがトラックを発見し楽しいドライブ
・その後、他のフレをトラックで迎えに行ったフレと乗り込んだもう1人がどこからかスナイプされ2人とも死亡
・2人が死んだちょっと後に、ちょっと離れた別の場所で死体をあさってた私ともう1人が森でスナイプされ死亡
(まったくどこから撃たれたのかわからなかった。ゾンビが異常に多かったから人がいると考えるべきだった・・・無念)
・先にトラックで死んでたフレが、リスポン後に私達の死体をあさりにいき、道がわからなくなって迷ってた山中で誰かのアジトを発見
(近くに乗り捨てられたトラックがあり、おそらくトラック殺人と私を殺した犯人、このアジトの主は同一犯もしくはグループと断定)
・アジトには沢山のレアアイテムがあった為、一気に全部強奪することに決定
・2、3日で全部強奪完了

って感じでしたw

おかげで、装備は充実してるし超快適w
怒らせちゃいけないやつらを怒らせたな!!w
(別に撃たれてなくても見つけたら強奪はしたので関係ないんですが・・・・w)

ほんま怖いげーむやでぇ・・
(まぁ、基本そういうことでもしないと目的のないゲームなんですw)

本日のSS

・フレがゾンビに追われている図 (管制塔?から撮影。20匹くらいいたかな?w)
airport

・フレ2人のきめポーズw
yanpon

・私のエンジョイ自転車ライフ
(自転車は速い、燃料不要、壊れないと最強の移動手段だw ちなみに武器はL85A2 AWS激レアw)
cyclelife

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

DAYZ その2

DAYZ相変わらずちょこちょこやってます。
(実はその間にPSO2も結構やってたりします。あと地球防衛軍3もw)

で、DAYZですが面白いですねーw
まぁ、もうちょっと目的があってもいい気がしますが、スタンドアロン版ではミッションなんかもできるんじゃないすかねー。

んで、私はどうなっているかというと、、、
実際もう何度も死んでいるんですが、ここんとこは仲間と協力しあってぜんぜん死ななくなっています。
仲間がいると助かるのは、病院などで輸血パックを拾った場合に、自分には使うことができないのですが、
仲間がいればお互いに使用することができる点です。
ソロプレイだと輸血してくれる人がいないので、肉を食べるなどして血を増やすしかなく、
動物を見つけられないと、なかなか長生きできないです。

また、テントを張って中に道具を入れておけば、死んでもテントの中身は残るので、最悪の事態はさけれます。
でも他人に見つかるような場所においておくと、中身は普通にとられちゃうんですけどw

とりあえず、マップの下側の海岸沿いの町は概ね漁ったので、
内陸のでかい空港を目指しつつ、そのあとぐるーっと回ることにしました。
ここ数日で、空港からDevil's Castle、その右の町、さらに右の町と小さい空港(滑走路?)、
さらに右の湖くらいまで回り、全体の4分の3くらいの距離を走破しました。 移動したのはほぼ1日だけどw
(といってもすべての町を見てきたわけではないですので、まだまだ行くところはあります)

いやー、すげー広いですよMAP。
マジで対角線を端から端まで行ったら3時間くらいかかりそうです。
(これがDAYZに使用されているMAP)

そして、とにかくプレイヤーに出会うのが怖いw
フレは外人に突然ボイチャで「Can I Help You?」なんて言われて超ビビッてましたしww

4Gamerの記事にこんなのがありました。
「ちなみに,筆者はゾンビに囲まれたプレイヤーを救助したとき,助けたプレイヤーに「Thank you! You are my HERO!」とボイスチャットでお礼を言われながら斧で惨殺されて以来,仲間以外を信じることができなくなった」ってとこがこのゲームの恐ろしいところですw

まぁ、もうちょっとの間は楽しめそうな感じですねぇw

本日のSS (Devil’s Castle)
※期待して行ったけど、中は大して何もありませんでしたw

・城の概観
Devil'sCastle

・城の屋上から見下ろした図 (下にはせいぜい2~3匹しかゾンビはいませんでした)
Devil'sCastle2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »