« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月29日 (金)

3DSが1万円値下げ (これはひどい)

いや~、ひどいね任天堂。
いくらなんでも発売から半年で1万円下げは無いでしょw

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110728_463686.html

理由がなんだろうと、これは任天堂が好きで期待して3DS買った人への裏切りでしょ。
大体、安くしてなんとか売ろうって考えが終わってるよね。
そんなことよりも早くマリオとかを出すほうを頑張るべきでしょー。
大体、任天堂の新ハードだすなら、マリオとかはロンチじゃないとダメじゃね?w

まぁ、これで任天堂はホントにまた闇の時代に落ちそうな予感がするよ。
ま、私は元々もってないから買いやすくなっただけですが、
正直そこまで欲しいと思ったことが無いからねぇ。値段の問題じゃないんだよなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

L.A.ノワール!

L.A.ノワールにハマってます。のーてんです。

いやー、面白いんだろうとは思っていたけど、すげー面白いのこれが。
とにかくネタバレしてもしょうがないから、今言えることは、、

L.A.ノワールは神ゲー!

ってことですよねー。「私は神だ」「お前だったのか」ですよ。
知ってたよ。気づいてたよ。すげーよロックスターw

そうそう、ネットワークはどう生かされるのかなーと思ってたら、
ダウンロードコンテンツとして、事件が配信されたりする?みたいですね。
初回限定だかなんかでコードも入ってたし。

今んとこ、
パトロール課 → 交通課 → 殺人課
と出世して部署が変わっております。

殺人課にきて、急に1個の事件が長めになって、事件の数も多いっぽい。
あと、メインの事件以外にもLAのストリートでは事件が起きております。
メインから寄り道してその他のショートな事件をやることもできます。

あと、操作中にいろいろ時間が出ますが、ゲーム内でも時間が経過していくので、
のろのろやってると、事件の解決にも影響が出てきたりします。
寄り道しすぎると☆5とか取れないときあるのかもしんないね。

あと、何と言ってもこのゲームの見どころは「尋問」ですが、
これはやってみるとわかるけど、かなりムズいっすよw
よーく表情を観察して、そいつの性格とかも考えて選択することが大事ですねー。
あと、尋問は相手の答えに対し、「信用する」、「疑う」、「反証する」の3つを選べます。
この「疑う」と「反証する」の使い分けが結構ムズいですよね。
「反証する」の場合は、「証拠見せてみろよ!」、「これでどうだ!ババーン!!」って流れになるんですが、
そこで出す証拠が間違ってると間抜けですw

あと、いろんな統計データも見れるんですけど、
今、私はゲームクリア率38.7%だそうです。
例えば、他のデータだと、
銃撃戦で射殺した人数65人、その内ヘッドショットで殺したのが23人だってw


とにかく面白いので超オススメです。
表情とかキモイくらいに良く出来てるよ。ストーリーもええでw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

ダンボール戦機

お久しーです。

ここ最近は、買ってやって無かった「流行り神3」と
衝動的に買った「ダンボール戦機」をやっていました。

今日は、ダンボール戦機の感想を簡単に。
ちなみに、ダンボール戦機ってLBXという小型戦闘ロボットを
操作するゲームなんですが、LBXがダンボールなわけじゃないんですよー。
戦闘を行うジオラマが強化ダンボールという設定ですw
みんなてっきり機体のほうがダンボールだと思っちゃうよねw
というわけでやってみた思ったことなど簡単に。

[操作感]
 攻撃ボタンは1個だけで、非常にシンプルな操作です。
 なんつーかSFC時代のアクションゲームが3Dになったような感じですかねぇ。
 友人のクライムさんは、バーチャロンの劣化型的な感じとか言ってましたがw
 つまりシンプルなんです。アクションが下手な人でも普通にやれますが、
 逆に言うと、ACやるようなコアな層にはとっても物足りないでしょうw

[カスタマイズ性]
 LBXのパーツカスタマイズと、ウェポン選択、それとコアパーツと呼ばれる
 内部パーツ(CPUとかモーターとか)のカスタマイズが出来ます。
 パーツはLBXパーツもコアパーツも結構いろんな種類があるし、
 結構カスタムできるんですが、まぁクリアするだけなら何でもいいかって感じです。
 ライフとか、防御力とか、スピードとか、属性とかもあるんで、
 ちゃんと考えてやれば、きっとより楽になります。が、私は適当でしたけど!
 
[ストーリー]
 ストーリーは少年向けにちゃんと作った、って感じですね。
 内容は別にどうでもいいっちゃいいんですけど、
 大人が頑張らないで、子供に戦闘させてばっかでひどいぞって感じ?w
 まー、ターゲットは少年ですよねーやっぱねー。俺は想定されてないよねー。。
 ちなみに、ボリュームは思ってたよりありました。メインストーリーのクリアに、
 20時間ちょいかかりました。
 
[対戦・協力プレイ]
 これがねー。ひじょーーに残念な結果にw
 対戦が全然面白くないってことは無いと思いますよ。きっと4人とかでやれば
 それなりに面白いでしょ。
 ただ、対戦モードのシステムが悪い。
 対戦部屋を作成して、部屋の中で装備変えられないのは致命的。
 とにかく毎回めんどくさくてやってられない。
 協力プレイについても一緒でめんどくせーの。シングルプレイ時は、
 戦闘直前にいくらでも変えられるので、その気でいるとゲンナリです。
 少年が対戦で盛り上がるシチュエーションを考えてたわけじゃないのかなぁw
 ちょっとくらい想像できなかったのか?これじゃオンはやらんよw

全体として、まぁ予想通り少年向けのライトな内容でした。
コアでリアルなゲームに染まっちまって、無邪気だった頃の心を忘れちまった
大人には向かないゲームでしたw
別につまんなくは無いっすよ。普通に面白いけどライトユーザ向けってだけですよw



ちなみにですけど、「流行り神3」は超面白いですよ。名作です!
流行り神シリーズに関しては言いたいことはいろいろあるんですけど、
長くなるし、いつか気が向いたら。

アドベンチャーというかサウンドノベル的なものが好きな人は是非とも
PSP版で1から全部やって欲しいねー。システムもだんだん良くなってるんでw
アドベンチャーゲームの中でもテキストの量は群を抜いてます。ダントツですw
つまり1話がむちゃくちゃ長いのが特徴でもあります。でも内容面白いから全く問題ないですよ!
結論としては、流行り神はオススメです!ってことか?w

ちなみに、今週はLAノワール買いまーす。超楽しみです。どう見ても神ゲーの予感がしますw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »